VR技術が発達し五感を再現したフルダイブ型が普及すればシュリンカー願望は実現する。

284 Views

こびとになって大きな女の子とエッチなことをいろいろとたのしみたい!そんなシュリンカー願望を激しく刺激する激エロな情報をシェアしましょう!

今回の記事はドキドキすること間違いなしの興奮必至!!!

VR技術の発展とサイズフェチ的エロプレイ。

シュリンカーホリックというアスキーアートのページを見つけました。

読んでみたところサイズフェチ、特にシュリンカーフェチにドンピシャな内容。

VR技術が進化し五感をフィードバックできるフルダイブ型VRが実現すればシュリンカー体験が可能となる。

冒頭から可愛い女の子がオナニーに耽る。

女の子は無我夢中で自らの秘部を弄る。女の子の股間には小さくなった片想いか恋人未満の男が。

はぁ…はぁ♡…センパイ…センパイ…!!

くちゅっ…くちゅっ…
卑猥な音を立てながらオナニーにも力が入る様子。そして女の子の指先と股間の間には下着に押し付けられながら苦しむ縮小男が。

くちゅくちゅ…グイッ!
『く…苦しいお』

苦しむ小人男。しかしそんなことはお構いなしにオーガズムへと近づく女の子。

「はぁ…はぁ…もう少し…もう少しだけだから頑張って…♡」

クチュクチュ…キュッ!

「あっ…んあぁあっ………!!」

ビクン!!

はぁ…はぁ…センパイ…気持ちよかったです♡

あれ…センパイ?

「うわああああセンパイ!大丈夫ですか!生きてますよね!死んでなんてないですよね!センパイ!」

溺れて死にかける小人となった男。

ここまでのシュリンカー的魅力

※オナニーに夢中になり小人男が苦しんでいても自身の快楽の為に手を止めない女の子

※センパイ、センパイと呼ぶ可愛らしさとセンパイを使って絶頂に至るという背徳感

※女の子の愛液でさえ敵わず溺れて死にかける矮小さ

マイナーな性癖であるサイズフェチ同士の男女もフルダイブ型VRなら仮想世界内で縮小プレイが楽しめる

先ほどまでの流れで良いなと感じた部分は女の子が小人を使ってオナニーをしているというところ。

一説によると女の子がアダルトグッズを使ったことがある、女性のアダルトグッズ使用率は80%にも達するのだとか。このうちアダルトグッズを持っているという割合は5割にもなるという。

つまりほとんどの女の子はディルドなりバイブなりローターなりを持っていて、自宅でこっそりとオナニーをしているのである。

ならばこそ、もしも近未来、本当に五感を完全に再現したフルダイブ型VRが普及し小型のロボットなり縮小擬態や小人サイズのアバターなりに意識を移すことができれば、先ほどのAA小説のようにサイズフェチな男女が趣味嗜好を同じくとし、縮小プレイを行うという素晴らしい疑似セックスも可能となるに違いない。

小人サイズの小型擬態に意識を移して小さな人間をバイブ代わりに使うアダルトプレイは興奮モノ!

先ほどの小説の概要は下記。

VR技術が成熟し五感を現実にフィードバックできるフルダイブ型VRが普及した世界

本来は内視鏡手術を手軽に行えるように開発された小型擬態(マガポケ連載中のシュリンカー漫画、3インチのようなもの?)を性的欲求を満たすために使用

パートナーの意識を小人サイズの小型擬態に移してディルドやバイブ代わりに使うという特殊性癖プレイ

擬似的な縮小プレイ。良いですねえ…!こういう発想。素晴らしいです。人体を現実に縮小させるのは不可能かも知れませんが、小型擬態(小人サイズのアバターなど)に意識を移して楽しむというエッチな遊び。これは興奮しますね!

女の子の性欲は凄まじい。対象が小人相手ならばオナニーのオーガズムも最高の絶頂体験となる!

女の子の性欲というものは凄まじいものです。男と違い快感の度合いも高く、オーガニズムへと至る時間も密度も質もケタ違いです。

先ほども触れましたが女の子のアダルトグッズ使用率は8割をゆうに超えるもの。ほとんどの女子が何らかの形でバイブやローター、電マなどを使ったことがあるのです。

ならばこその話しになりますが、オナニーをする際に肉感のない無機質なディルドやバイブ、ローターなどではなく片想い中の人や男友達、パートナーや彼氏などがフルダイブ型のVRにより、小型擬態として生きた生身の人間の意識を縮小サイズの擬態に移してオナニーの道具として使う。

こうした縮小プレイ、小型擬態そのものをバイブやローター代わりとしてオナニーに使うというプレイは双方ともに、とてつもなく興奮するものなのではないでしょうか。

男性側からすれば自分の身体よりもはるかに巨大なサイズで女性器や女の子の身体のすみずみまでもが圧倒的なサイズで楽しめて、女の子側から見れば自分の好きな異性を手のひらにおさまるサイズ感でバイブやローター代わりに使うという背徳感。

いずれもフルダイブ型VRだからこそ楽しめる縮小擬態プレイ。これは興奮せざるをえません。全五感フルダイブ型のバーチャルリアリティ体験。

本当にこのような夢のようなプレイが実現するかどうかはわかりませんが、もしも近未来にこのような技術が開発されると全世界のサイズフェチ・シュリンカーフェチの人間にとっては歓喜の嵐でしょう(笑)

以下はたまらなくエロいですよ!!!

シュリンカーホリック
https://sizeyaru.blog.fc2.com/blog-entry-11.html